当事務所のルーフバルコニーから見える朝焼け。新宿方面を望む。

関孝之のデスクから見える夕焼け。右下が富士山、左上に三日月も・・・

ルーフバルコニーから眺めた景色(動画)・・・新宿方面~お台場方面~横浜方面へと続きます。お天気が良ければ、横浜の港や富士山までハッキリと見えるんです。


●商  号

 

ノットデザインスタジオ

KNOT DESIGN STUDIO

 

▶ 事務所名をなぜKNOTにしたのか?

 

●所在地  ▶ アクセス参照

 

東京都世田谷区深沢5-23-19

スグロビル402 〒158-0081

TEL: 03-3704-3071

FAX: 03-3704-3072

E-mail ▶ お問い合わせフォームへ

 

●創    業 1991年04月

●設  立 1992年10月

 

●代表者   関 孝 之

 

●賞  歴

 

★「第10回ショップシステムコンペティション」次点(1995年)

★「A&I リニューアル大賞96」全国優秀賞 (1997年)

★「第11回ショップシステムコンペティション」優秀賞(1998年)

★「第35回SDA賞」(コマーシャル部門)奨励賞(2001年)

★「Gマーク2001」(建築・環境部門)グッドデザイン賞(2001年)

★「ディスプレイデザイン賞2003」入選(2003年)

★「平成20年度大阪府商店照明コンクール」大阪府知事奨励賞(2009年)

 

●事業目的

 

ブランディング・ビジュアルイメージ戦略→ コンサルティング 

デザイン(心理・イメージから) → 五感マーケティング 

空間プロデュース・各種デザインプロジェクト→ デザイン/コーディネート

 

●取引銀行

 

三菱東京UFJ銀行 自由が丘駅前支店

口座名義 ノットデザインスタジオ

 

三井住友銀行 自由が丘支店

口座名義 ノットデザインスタジオ


●ブランディング・企業イメージ

 

◯売れる店・集まる店づくりのブランディング

◯リクルート対策・企業価値UPのイメージ戦略

◯五感を刺激する効率的マーケティング

 

 

●空間~グラフィック~WEBのトータルなデザイン

 

◯ショップ・展示会・イベント・住空間・各種環境デザイン

◯VI(ビジュアルアイデンティティー) 

◯シンボルマーク・サイン・各種印刷物・WEBサイト

 

 

●リアルとネットを繋いだトータルマーケティング

 

◯WEBサイトの企画・制作・運営

◯SEM(サーチエンジンマーケティング)

◯リスティング広告(GoogleAdWords)

 

 

●デザイン業務の総合的なコンサルティング 

 

◯費用対効果の現状分析と改善案提案 

◯既存デザイン資産の総合的活用提案

 

 

●店舗診断~店舗改善 

 

◯商業空間の現状分析と適切な改善方法の指導提案

◯VMD (ビジュアルマーチャンダイジング)

 

 

●施工・制作に関するコンサルティング

 

◯施工制作見積書の審査・見積合せ・施工契約

◯各種調整・デザイン監理・他

 

 

*下記「KNOTの強み特長」に、供給可能なスキルのマインドマップがあります。



●KNOT外部でのプロジェクト等

あわのくに(安房国・南房総)の自転車情報共有サイトを運営しています。

 

あわのくに(安房国)とは、千葉県の房総半島で最も南の地域を指します。現在で言うと、館山市・鴨川市・南房総市・鋸南町の三市一町がかつてのあわのくにとなります。ここは、関東で最もロードバイクの走行に適している地域で、都内から車で約90分もあれば訪れることが出来るのですが、その環境や観光資源の素晴らしさについてはまだまだ知られていない地域と言っていいでしょう・・・

 

▶ 続きはサイトへ!



日本のモノヅクリ(製造業)を本気で応援しています

 

モノヅクリンクサポーターズ(通称:モノサポ)は、日本のモノヅクリ(製造業)を本気で応援したいという志を持った者が集まり、2014年12月に設立された専門知識を持つスペシャリスト集団です。当事務所代表の関孝之が、創設メンバーの一人でありサイトを作成し運営管理をしています。

 

サイトはこちらから!



ICS COLLEGE OF ARTS 専門学校 ICSカレッジオブアーツ

 代表の関孝之がデザインを学んだ、目黒の柿の木坂にある学校です。ICSは1963年に創立された、日本で初めてのインテリアデザインの専門学校です。私が通っていた頃とは、校舎もすっかり変わってしまいましたが、大学卒業~商事会社~画塾~そしてこの学校に3年通いました。卒業後は殆ど関わりを持っていませんでしたが、あるご縁で2016年から校友会のお手伝いをさせて頂くことになりました。

 

オフィシャルサイトはこちら

関孝之のプロフィールはこちら