伝統と技術をつなぐ筑後川橋


WEBサイト 開発・制作・運営管理サポート

有明海沿岸道路の筑後川上に位置する筑後川橋を架ける工事の広報活動です。

 

【工事概要より】

 

有明海沿岸道路は、有明海沿岸地域の「陸海空の広域交通ネットワーク」を形成し、「未来を創る」地域高規格道路です。有明海沿岸道路の整備により、広域物流拠点である三池港(福岡県大牟田市)と九州佐賀国際空港(佐賀県佐賀市)間の所要時間が90分から40分へと半分以下に短縮され、物流の効率化や沿線地域産業の活性化が期待されます。

 

平成29年度の徳益〜柳川西IC間の開通により、現在までに全体(福岡県内)の約8割にあたる23.8kmが暫定2車線で開通しています。これにより、今まで一般道を介して接続していた福岡県内沿線4市の大牟田市、みやま市、柳川市、大川市が高速道路で直結しました。本工事では、更に、福岡から佐賀への延伸を実現すべく、筑後川を跨ぐ「筑後川橋」の上部工を建設します。



パンフレット 企画・デザイン・制作

中央「☓」ボタンで拡大表示。左右の「←」「→」で操作。中央「▶」で自動再生。